この確かな思いを連れて

何にも縛られちゃいない だけど僕ら つながっている
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 命の息吹TOP日記 ≫ 命の息吹

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

命の息吹

新型出生前診断で陽性が29人、そのうち2人が人工中絶したという。
この診断は染色体の病気を採血だけでできるもの。
それで病気の疑いがわかったら中絶?

命をなんだと思っているのだ。


子どもができるのは本当に運命で、奇跡だって聞いたことがある。
我が子は健常者じゃなきゃだめなの?
病気がある子は欲しくないの?
そんなわがままで産まない選択ができるの?

高校の家庭科の授業で、「さらば、悲しみの性」という本を読んだ。
著者は産婦人科の先生で、人工中絶の様子がありありと描かれていて思わず目をつぶった。
望まない妊娠はしたくないし、婚前性交渉もできるだけしたくない。
できたら、堕ろすことはしない。
だって、自分と同じ人間だよ?
考えただけで気持ち悪くなってきた。


もちろん、親になるということは、ものすごい覚悟がいる。
子どもを育てる覚悟。一緒に育ててくれる相手。
時間、場所、お金。
世界一大変な仕事だと思っている。

それでも、子どもはかわいいと親は言う。
それだけの理由で私も子どもが欲しい。
どんな子でも我が子はかわいいと思うんだ。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。