この確かな思いを連れて

何にも縛られちゃいない だけど僕ら つながっている
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ ありがとうこんな僕にTOP日記 ≫ ありがとうこんな僕に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ありがとうこんな僕に

今日(いやもう昨日だけど)、
バイト上がりで翌日にレポート提出と
模擬授業のレジュメの〆切を抱えていたうちは
急いで学校に向かった。
電車の中で図書館で借りた単行本を何冊も広げては
レジュメに使えそうな部分に見当を付け
1時間ぐらいなら勉強出来るかと思ったけど、
一度座ったら動けない気がして
真っ直ぐ部室に向かった。


先々週の実習からまともに行けてなかった部活。
来週の依頼演奏の曲の練習を全くしてなかった。
そのくせドラムやりたいですとか
鍵盤やっときたいですとか
実力に合わない理想的な発言ばかりしていた。


自分は部員の中で一番下手くそだと思っている。
蔑む訳ではなく紛れもない事実。
周りが何か達成するペースに比べて自分はものすごく遅い。
いつまで経っても「初心者」の看板が取れない。
その看板にはとっくに甘んじないようになってるけど。


一人で階段の踊り場で練習していて
上の方からふざけてる声が聞こえて
すごくイライラしていた。
誰も関わってくれない。
いいよ別にさみしくなんかないよ。
ただ、メトロノームの音を掻き消さないでくれ。


久しぶりにスティック握ったら
全然叩けなくなってた。
慣れって恐ろしい。
出来ない自分にイライラしながら
テンポを落として練習し始めた。
上の方がうるさくて居心地が悪かった。
そうこうしているうちに
メトロノームの電池が切れて
買いに行く羽目になった。


外に出てても気が晴れない。
歩いてると会いたい人のことばかり考えてしまう。
会って楽しかったことばかり思い出してしまう。
あそこは本当に自分の居場所なのだろうか?


帰って来ると
同じパートの同期の男子と後輩の女の子が
曲の割り振りをどうするか聞いて来た。
今日ドラムが組み立てられなくて練習出来ないならおりたいとか
譜面読んでくれとかすげえわがままだった。
立ってるのもきつくて
誰にも話しかける気力がないくせに
誰かから構ってもらいたいとひたすら願っていて
疲れてるから許せぐらいの傲慢な自分がいた。


休みが一ヶ月以上もないのは自分のせいでしょう?
予定を把握せず何も考えないでやることを詰め込んだのは自分でしょう?
誰のせいでもないでしょう?


でも奴等はそんな自分を受け止めてくれた。
同期の男子は譜面を読んでくれ
後輩の女の子は初めてやるボンゴの練習に付き合ってくれた。
練習している所に後から同期の男子も加わり
二人がかりで手取り足取り教えてくれた。
そうそう出来てるよ、とか
前よりずっと良くなったよ、とか
褒めながら教えてくれてた。


自分はすごく単純な生き物で。
褒められたらもっとやる気になってまた出来るようになる。
公文式で成績が伸びる性格。
だから奴等の反応は
こいつらうちの取り扱い方法わかってる・・・!と思った。


部品が見つからなくて組み立てられなかったドラムは
同期の男子が代わりの物を見つけて組み立ててくれた。
降りずにドラムをやる事が出来た。
叩いててすごく楽しかった。
もっともっと練習します。


本当にありがとう。
こんな奴だけどこれからもよろしく。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。