この確かな思いを連れて

何にも縛られちゃいない だけど僕ら つながっている
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 読書リレー
CATEGORY ≫ 読書リレー
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木

こんばんは。
ブログ毎日更新も順調に続いております。


ひっさびさの読書リレー、今回は江國香織さんの「薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木」。
実は読むのは2回目なんですけどね。
何人もの女性が登場して、それぞれの女性の視点から話が描かれています。
つまり、主人公がどんどん移り変わっていくということ。
初めて読んだのは数年前ですが、この書き方に衝撃を受けたのを覚えています。
江國さんの作品の中で一番好きです。


さて、お風呂が空いたようなのでいってきます。
おやすみなさい。


スポンサーサイト

2冊目!

ようやくおととい3日かけて読んでた読みかけを読み終えた!
↑なんかまどろっこしい
それがこちら!



100309_1626_01.jpg



「常識として知っておきたい世界の三大宗教」

歴史の謎を探る会[編]

仏教・キリスト京・イスラム教について開祖の誕生、人生、礼拝の仕方、生活習慣なんかを丁寧に書いてある。
すっごいわかりやすい。


何にてこずって3日もかかったかってキリスト教にだよ。
自分のおつむはカタカナを読み込むのが遅くて
イスラム教は倫理でやったかすかな記憶があったからまだよかったんだけどね。
旧約聖書と新約聖書の話が出てくるたんびに鈍行状態に。
最後の鎌倉新仏教の速さは尋常じゃなかったね(´∀`)笑


これ読み終えたら小説がものすごく読みたくなったから読むぜよ(・∀・)



1冊目!

さぁ始まりました読書リレー。
3日間読んでいる読みかけはまだ読み終わってません!←
なので今年初めて読んだ本を紹介しまぁーす☆(ポップザウルス風

じゃんっ!



乙女の日本史


「乙女の日本史」

著:堀江宏樹、滝乃みわこ


日本最初の小新聞読売新聞に紹介されてて、合格祝いに買ってもらったもの♪
「今までおじさん史観であった日本史を乙女(=女性)の視点から捉えてみよう」
というコンセプトで書かれています。
なので女性史の通史といったところでしょうか。

確かにねー、男性ばっかりだからねー。
「女性史」って別のジャンルができてるぐらいだし。
女性史の通史とは新しい。
なかなか楽しめました

しかし
内容がマニアック。
知らない人大量発生。
自分の知識の少なさを実感。

さて読みかけを(早くしろ

読書リレー

あれ・・・?
気付いたら入学式まであと1ヶ月ねぇじゃねぇか。


だらけすぎた・・・


学生復帰&成人を迎えるのが不安だから、遂に始動します(遅
ここに誓います!

ひとーつ、日本史毎日やります!
頑張れ日本史専攻!

ひとーつ、入学までに世界地図を頭にぶち込みます!
首都と国旗も一気に入れてしまうよ。

ひとーつ、世界史もぶち込みます!
世界史選択の人は受験前に全部頭入ってるのに(泣

それから。
「2010ひとり読書リレー」やります!
1日1冊読んでた頃の生活に戻します。
目標は1年で300冊!

有言実行がモットーの自分。
やってやります!


読み終わったら1冊ずつここで紹介していこうかと。
ではでは読みかけをこれから読んできます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。